FXでの資産運用を考える

FXというのは、最近になって急に流行るようになった新しい投資商品です。外国為替相場で取引されている各国の通貨を売買することによって利益を目指す投資のことで、「Foreign Exchange(外国為替)」を略してFXと言います。
FXの面白さは、その投資効率にあります。レバレッジと言って、売買する外貨に相当する円資金全額を用意しなくても投資ができるので、例えばレバレッジ10倍で米ドルを1万ドル購入するとしても、本来なら83万円(2010年11月現在)ほどが必要になるところが、その10分の1となる8万数千円で済みます。それで1万ドル分の差額利益を狙うことができるのですから、ちょっとギャンブル的な雰囲気を感じるものの、面白い投資商品だと思います。
しかし、老後のマネープランにギャンブル性は必要ありません。むしろ安全に確実な収入を得ることが大事なので、ここではFXにある「スワップ」という仕組みに注目したいと思います。
スワップというのは通貨同士の金利差を調整するためのもので、金利の安い通貨を売って金利の高い通貨を購入すると、その通貨で発生する金利を受け取ることができます。日本はゼロ金利政策が続いているので、世界中のほとんどの通貨に対してスワップを受け取ることができます。
特にオーストラリアドルは金利が高いことで知られており、2010年11月現在で1万豪ドルあたりのスワップは100円を超えています。為替差損によるダメージを極力避けるため、レバレッジを低めの5倍に設定、10万豪ドルを購入したとすると、16万円少々になります。16万円少々を投資することで、毎日スワップが千円。これは非常に高い投資効率になります。
いつまでもオーストラリアの高金利が続くという保証はありませんが、当面は日本の金利を下回る可能性は皆無です。スワップの金額が変動するものの、長期にわたって受け取りが続くと予想されますので、ちょっと高い収入を目指すリスクマネーをFXに投資してみてはいかがでしょうか。
老後のマネープランとはちょっと無縁に感じるFXですが、スワップを活用することによって外貨預金よりも有利に運用することが可能なのです。